戻る

Go言語csv解説

Oct 31, 2020

データの処理はアプリケーションにおいて重要だが, データ形式としてcsvが一番簡単だ. 大は小を兼ねる理論でjsonやyaml, tomlを使ってもなんとかなりそうだが, 注意深くデータ形式を設定しないとすぐに煩雑となる. また, csvで慣れれば他のデータ形式の処理もすぐにわかるだろう.

https://golang.hateblo.jp/entry/golang-encoding-csv を参考にしている

Go/golangでの日付処理まとめ(チートシート)

csv作成


package main

import (
	"encoding/csv"
	"log"
	"os"
)

func main() {
	records := [][]string{
		[]string{"名前", "年齢", "身長", "体重"},
		[]string{"Tanaka", "31", "190cm", "97kg"},
		[]string{"Suzuki", "46", "180cm", "79kg"},
		[]string{"Matsui", "45", "188cm", "95kg"},
	}
	
	f, err := os.Create("file.csv")
	if err != nil {
		log.Fatal(err)
	}
	defer f.Close()

	w := csv.NewWriter(f)
	for _, record := range records {
		if err := w.Write(record); err != nil {
			log.Fatal(err)
		}
	}

	w.Flush()

	if err := w.Error(); err != nil {
		log.Fatal(err)
	}
}