戻る

カートリッジのクリーニング方法

2019年9月

byuuによるクリーニング動画に従っている. 英語なのと13分なのであまり手軽ではないと思ったので日本語で要点だけまとめた. byuuは1200ものカートリッジを清掃してきたが, この方法がベストとは言い切らないまでも この方法でうまくいっているという. 動画ではスーパーファミコンカートリッジを使って説明しているが一般的なカートリッジでもうまくいくだろう. ちなみに動画は2019年9月のものでありとても新しい.

用意するもの

そもそもカートリッジの清掃といってもここで解説するのは2つ, 余計なラベル(シール)の除去と端子部分の清掃である. 中古品のカートリッジは店側がつけたラベルが長年そのままになってしまいなかなか取れないものが多い. 端子部分は一見汚れていなくても実は汚れが起動できない原因になっていることが多い.

ラベルの除去

大事なことはまず一気に全部はがそうとしない. ラベルの上側の透明なプラスチックのラベルだけはがす. この理由は上側部分のプラスチックのコーティングをはがさないと下の粘着部分をはがすためにイソプロピルアルコールを浸透させることができないからである. 手順:

  1. ヒーターでラベルを熱する
  2. (プラスチックのコーティングがあるラベルでないならばこの工程は飛ばす.) 少しずつ上のプラスチック部分をはがす. 下の部分も一気にはがしてはならない. はがれにくいならば再びヒーターで熱しつつはがす.
  3. イソプロピルアルコールを綿棒につけてラベルの残った下の部分に少し浸透させる.
  4. 再びヒーターでラベルを熱しつつはがす.
  5. ラベルをはがし終わった後もその下の部分はラベルの残りあとがある. イソプロピルアルコールをつけた綿棒で磨く.

端子部分の清掃

端子部分ではweiman glass cooktop cleanerを使う. 消しゴムやイソプロピルアルコールもためしてきたが, これでないとうまくいかないらしい. weiman glass cooktop cleanerを綿棒につけて端子部分を磨く. 乾いた綿棒でからぶきする. イソプロピルアルコールでクリーナーをふき取る. これで端子部分はぴかぴかの新品同然となる.

マジックインキの汚れについて

中古品は人の名前が書かれていることも多い. マジックインキの汚れを落とすのは実は難しい. イソプロピルアルコールを使ってある程度落とすことしかできない. カートリッジの表面はざらざらしているためやすりを使うことはできない. 下手にやってしまうと色落ちしてしまう. よい方法があれば知りたい.